自分でエアコンを取り付ける方法【DIYで石膏ボードに取り付けてみた】

2 min 79 views
akira

akira

2006年にうつ病を発症し会社を退職。1年で回復し社会復帰できましたが、2018年1月に人生2回目のうつ病を発症し、その年の6月に会社を退職。現在Youtube、ブログアフィリエイト、バイトと貯金で生活しています。人生山あり谷あり。早く寛解したいです。
>>ブログで収入を得る方法は無料で公開しています

FOLLOW

こんにちは!元リサイクルショップ店員のAKIRAです。

今回は家庭用エアコンの取り付ける方法を解説します。

取り付ける位置や、配管の出し方で取付け方法は変わってきますので、全てのケースでこの方法が使えるとは言えませんが、基本的な部分は同じです。
今回の取り付け環境は、配管の穴があいていて、壁面は石膏ボード、この状態での取り付ける方法を紹介します。

エアコンの取り付けには銅管などの部材が必要になります。下のような配管セットならフレア加工もしてあるので便利です。

関東器材
¥3,491 (2020/10/26 03:06:44時点 Amazon調べ-詳細)

エアコンの取り付け方法

自分でエアコンを取り付ける方法【DIYで石膏ボードに取り付けてみた】
上の画像のように壁が石膏ボードで、配管を通す穴が空いている状態での取り付け方法を解説します。

中心位置を決める

自分でエアコンを取り付ける方法【DIYで石膏ボードに取り付けてみた】
配管を通す穴の位置から、エアコンを取り付ける位置を決めます。

位置が決まったらキリなどを使用して小さな穴を開け、石膏ボード用のアンカーを打ち込みます。

小さい穴がたくさんありますが、これは前回エアコンを取付けしていた時に、使用した穴であって今回のエアコン取付けとは関係ありません。

自分でエアコンを取り付ける方法【DIYで石膏ボードに取り付けてみた】
ちなみにこれが石膏ボード用のアンカーです。

据付板

自分でエアコンを取り付ける方法【DIYで石膏ボードに取り付けてみた】
次に据付板を仮止めします。
水平器を使いこう配に注意して位置を決めます(今回の場合は右にこう配をつける)

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥1,088 (2020/10/26 03:06:45時点 Amazon調べ-詳細)

据付板を仮止め
据付板
据付板を止めるネジの位置を決め、キリで穴をあけた後、石膏ボードのアンカーを打ち込みます。
全部で5箇所ぐらい止めれば据付板も安定するでしょう。

仮設置

自分でエアコンを取り付ける方法【DIYで石膏ボードに取り付けてみた】
絶対ではありませんが、私は仮設置を一度します。この時に設置した状態での、実際の見た目やこう配のチェックを行います。

配管の曲げ

配管の曲げ
配管の曲げを行います。配管は一度折ってしまうと戻らないので、丁寧に折れがでないように配管の穴の位置に合わせて曲げます。
据付板を付ける時に寸法通りにつければ、垂直になるまで曲げれば大丈夫です。

連絡電線の取付け

自分でエアコンを取り付ける方法【DIYで石膏ボードに取り付けてみた】
次は連絡電線の取付けです。室内機を壁に付けてからでは難しい為、先に繋ぎます。外側から配管を通す穴を通して室内機に取付けします。

自分でエアコンを取り付ける方法【DIYで石膏ボードに取り付けてみた】

室内機の取付け

室内機の取付け
銅管、ドレインホース、連絡電線を保護テープでまとめて壁に取付けします。

エアコン取付け

外側部分から銅管の曲げ

銅管の曲げ
外側に出た銅管を室外機設置位置を考えながら曲げます。上記画像は曲げる前の画像です。

外側部分から銅管の接続

銅管の接続
銅管を接続します。

銅管の接続
エアコン専用のトルクレンチをなるべく使用して、決まった力で締めます。

フレア加工が必要な場合は下の記事を確認してください。
>>【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみるドレインホースの接続

ドレインホースの接続

ドレインホースも外側から接続して、保護テープで綺麗にまとめます。

室外機との接続

その後室外機と、銅管、連絡電線をつなげます。室外機側の銅管つなぎ目部分もトルクレンチを使用します。

真空引き

ガスをエアコンの銅管に通す前に真空引きをします。

真空引きのやり方は下の記事で詳しく紹介しています↓
>>【エアコンの真空引きの手順】真空ポンプを使用してエアパージをする方法[/box]

下記の動画は真空引きをはじめているところです。必ず真空ポンプをしようします。

次に銅管の中が真空状態になったので、バルブを閉めるところです。必ずマニホールドのバルブを閉めてから、真空ポンプを止めます。先に真空ポンプの電源を切ってしまうと、せっかく真空状態になったのに空気が逆流してしまいます。

ガスの開放

ガスを開放します。先に高圧のバルブから開けて、その後低圧のバルブを開けます。
細い銅管のほうが、高圧パイプになります。ほとんどのエアコンは高圧側が上にになります。

試運転

試運転を行いながら、マニホールドでガス圧のチェックをします。夏場、外気が30度ぐらいある場合は1.0ぐらいまでは上がります。
冬場の場合は0.7前後ぐらいの場合もあります。その後ガズ漏れチェックも行い、問題なければ作業終了です。ガス漏れチェックは、エアコンガス漏れ検地スプレーを使用すると便利です。

まとめ

最後の方は説明がかなり雑になってしまいましたが、今後画像など入手できたら、もうちょっとは詳しく説明して更新したいと思います。

youtubeエアコンの取り付け方法を紹介しています


エアコンの取り付け方法は動画で紹介しています。
お時間ある方は視聴していください。
真空ポンプを使用しないでエアパージをしています。


エアコンの取り外し方法も動画で紹介しています。

カテゴリー:
ブログで月5万円収入を得る方法

アルバイトはしていますが、僕は現在定職にはついていません。ブログとYoutubeのアフィリエイト収益で生計をたてています。アフィリエイトでお金を得るのは決して楽なことではありませんが、調子の悪いときは休んで、調子の良い時だけ仕事をするという自分のペースで作業をすることも可能です。以下のリンク先ではブログで収益を得る方法を紹介しています。少しでも興味のある方は読んでみてください

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です