新冷媒R32の違い R410の部材、マニホールドなどの機材などは使えるのか

1 min 41 views
akira

akira

2006年にうつ病を発症し会社を退職。1年で回復し社会復帰できましたが、2018年1月に人生2回目のうつ病を発症し、その年の6月に会社を退職。現在Youtube、ブログアフィリエイト、バイトと貯金で生活しています。人生山あり谷あり。早く寛解したいです。
>>ブログで収入を得る方法は無料で公開しています

FOLLOW

【追加でガスを入れる】冷えない(効かない)エアコンのガス補充の方法
ダイキンが2013年から採用した、エアコンの新冷媒R32。
新しい冷媒になり、いろいろ疑問がでると思います。

・R410との違いは?
・マニホールド、真空ポンプ、銅管はR410で使用していたものは使えるの?

今回はR32とR410の違い、以前使っていた部材などは使用できるか?について解説します。

新冷媒R32とは R410との違い

新冷媒R32は、省エネ性能と環境対応力を考えて作られた冷媒です。
オゾン層破壊係数がゼロで、さらに地球温暖化係数が低いのが特徴です。

またR32は単一冷媒で、気相充填が可能になり、取扱いが容易になりました。
そして、R32を採用するにあたり、ダイキンではエアコンの「構造」から作り直しています。

いままで使用していた部材は使えるか

結論から先に言いますと、ほとんどの機材や部材は使用できます。

ただし冷媒(ガス)だけはR410のものはR32には使えません。

マニホールドに関しては、飽和温度の目盛り部分がR32では変更になりますが、R32はR410Aと圧力域が同じですので、以前のマニホールドでも使えます。

圧力だけでしたら、R410のマニホールドでも計測することができますので、R32に変わっても同じマニホールドを使用している業者はたくさんいます。

まとめ

  • マニホールドを飽和温度の目盛り部分と、冷媒が変更になったぐらいで、部材は以前のものを使える
  • マニホールドに関しては飽和温度の目盛りしか変わらないので、変更しないでもなんとかなる
  • 冷媒ガスは必ず専用のものを使用する

楽天やアマゾンのネットショップからガスや部材を購入することができます

カテゴリー:
ブログで月5万円収入を得る方法

アルバイトはしていますが、僕は現在定職にはついていません。ブログとYoutubeのアフィリエイト収益で生計をたてています。アフィリエイトでお金を得るのは決して楽なことではありませんが、調子の悪いときは休んで、調子の良い時だけ仕事をするという自分のペースで作業をすることも可能です。以下のリンク先ではブログで収益を得る方法を紹介しています。少しでも興味のある方は読んでみてください

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です