広告 バイク

【インプレ】ショウエイ SHOEI ヘルメット EX-ZERO レビュー

サイズやカラーによっては、入手困難な「SHOEI ヘルメット EX-ZERO」

今回は「SHOEI ヘルメット EX-ZERO」をレビューしていきます。

SHOEI ヘルメット EX-ZERO レビュー!インプレ

フィルフェイスのヘルメットにしては、口元のスペースが広く、開閉シールドの下からも風がしっかり入る為、気温の高い日でも涼しく感じます。

高速道路走行や、寒い日の風対策は専用ゴーグルをつけて前面をしっかりと覆うことがベストだと思います。

購入する前からわかっていましたが、風切り音はすごいです。高速で80km走行くらいでまったくスマホの音声ナビの声が聞こえてきません。

機能性には期待してはいけないヘルメットです(笑)

SHOEI ヘルメット EX-ZERO はデザイン重視のヘルメット

SHOEI ヘルメット EX-ZEROはデザイン重視のヘルメットです。

オフロード用のヘルメットのような形状をしていますが、かなり小さめにできています。重量も軽いです。

デザインが特に気に入らないなら、 EX-ZEROを購入するメリット(選択肢)はなしです。価格も高いですし。

SHOEI ヘルメット EX-ZERO のかぶった時のサイズ感

いろいろなメーカーのフルフェイスヘルメットを試着も入れるとかなりかぶってきましたが、若干サイズが大きめだと感じました。

特に頭を入れる開口部は大きめなので、かぶる時は楽です。

頭大きめの自分は普段「XL」か「XXL」のヘルメットを使用しているのですが「EX-ZERO」なら「L」サイズでもきついがなんとか使用することができるといった感じです。ちなみに「XL」だとジャストフィットで「XXL」になると少し緩く感じました。

それと、ネオクラシックバイク乗りに人気の「SHOEI ヘルメット グラムスター」だと、開口部の部分がEX-ZEROよりしまっているので、Lサイズでまったく自分の頭は入りません。

それとEX-ZEROの頬の部分がきつい場合はXXLのデフォルトでついている31mmのチークパットに交換すれば調整することができます。

インナーパーツは全て取り外し可能で、汚れが気になるようだったら清掃できるのはうれしいところ。ヘルメットによっては、あごひも部分のクッションが取り外しできないものもあるが、EX-ZEROはそこも取り外し可能。

SHOEI ヘルメット EX-ZERO の重量

重量はフルフェイスのヘルメットの中では軽いです。

SHOEI ヘルメット EX-ZERO におすすめのゴーグル

専用ゴーグル

専用設計のゴーグルがあるので、高速道路での走行では使用するのがおすすめ。

ただデザイン的には普通のゴーグルをした方が、個人的にはかっこいいと思う。

SHOEI VINTAGE ゴーグル

少しお値段はしますが、SHOEIのVINTAGE ゴーグルってのもあります。

横にでっかくSHOEI の文字入り。

SHOEI ヘルメット EX-ZERO バイザー

EX-ZERO 専用バイザー

EX-ZERO 専用バイザーがSHOEIから発売されている。まぁ専用バイザーでなくても、汎用性バイザーでも装着できるとは思いますが...

とりあえず自分はSHOEIの専用バイザーを購入してみた。ただ購入しておいてなんだが、デザイン的に自分はそこまで良いとは思わなかったので使用はしていない。ネットでの意見などをみてみると、バイザーつけるとカッコイイとの意見は多数あるので、これは好みによると思います。

SHOEI ヘルメット EX-ZERO シールド

純正でついてくるシールドはクリア。

オプションパーツで変更することが可能。

SHOEI ヘルメット EX-ZEROにインカムをつけてみた

デイトナのインカム「DT-E1」をつけてみました。スピーカーを設置するスペースがせまいため、耳が痛くなるとのレビューが多数ありましたが、自分の場合は平気でした。少し窮屈にはなりましたが....

最後に

個人的にはとにかくデザインがカッコイイと思っているので、買って後悔はしていないですが、機能性を求めるなら他のフルフェイスヘルメットがおすすめです。

安全性はショウエイ SHOEI のヘルメットなので、そこそこ良いと思います。



ブログで副収入

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加することにより、ブログで収益を得ています。

アドレスを「ムームードメイン」で取得。「エックスサーバー」にワードプレスをインストールしてブログ運営しています。

< br/>

-バイク