Photoshop フィルタの変形のガラス効果が見当たらない場合の表示方法

今回はPhotoshop フィルタの変形のガラス効果が見当たらない場合の対応方法を紹介します。

ガラス効果とは、もともとPhotoshopに入っている機能ですが、こちらが非表示になっている場合があります。
それを表示させる方法を紹介します。環境はCS6を使用しています。

ガラス効果を表示にさせる

Photoshop フィルタの変形のガラス効果が見当たらない場合の対応方法
上記画像のようにガラス効果が非表示になって、いる場合があります。
これを表示させます。

Photoshop フィルタの変形のガラス効果が見当たらない場合の対応方法
まず「Photoshop」→「環境設定」→「プラグイン」を選択します。

Photoshop フィルタの変形のガラス効果が見当たらない場合の対応方法
次に「すべてのフィルターギャラリーグループと名前を表示」にチェックを入れてOKを選択して、Photoshopを再起動すれば、フィルタのガラス効果は表示されます。

Photoshop フィルタの変形のガラス効果が見当たらない場合の対応方法
これで表示されるようになりました。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク