GIMPの境界線のぼかしを使って、写真(画像)の周りをモヤモヤにする方法

GIMPの境界線のぼかしを使って、写真(画像)の周りをモヤモヤにする方法
今回は画像編集ソフトGIMPを使って画像の周りを、モヤモヤ(ぼかし)にする方法です。
モヤモヤって何だ!!と言う方、私のモヤモヤは上の画像のことです。

こんかい店舗のチラシを作る為にモヤモヤしたかったので、覚えてみました。

モヤモヤさせる方法

GIMPでモヤモヤにする方法
まずモヤモヤさせたい、画像を「ファイル」→「レイヤーとして開く」で開きます。
現在のレイヤー環境は、背景の上に、写真を載せている状況です。

GIMPの境界線のぼかしを使って、写真(画像)の周りをモヤモヤにする方法
対象をモヤモヤさせたい、画像にレイヤーパネルの所で合わせます。

矩形選択を使って範囲の指定

GIMPの境界線のぼかしを使って、写真(画像)の周りをモヤモヤにする方法
次にツールボックスから「矩形選択」を選択します。
ちなにみ読み方は「くけいせんたく」です。私読めませんでした(笑)

GIMPの境界線のぼかしを使って、写真(画像)の周りをモヤモヤにする方法
次にモヤモヤさせたい画像を選択します。

境界線をぼかすを使う

GIMPの境界線のぼかしを使って、写真(画像)の周りをモヤモヤにする方法
その後「選択」→「境界線をぼかす」を選択します。

GIMP幅の指定
ポップアップウィンドウが出てきますので、こちらで、モヤモヤさせたい幅を指定し、OKを選択します。

選択範囲を反転

GIMPの選択範囲の反転
次に「選択」→「選択範囲を反転」を選択します。

仕上げはブラシ描画

GIMP仕上げのブラシ描画
次に「ツールボックス」から「ブラシ描画」を選択します。
色は白で選択しましす。そのほかの色でもモヤモヤさせることができますが、今回は背景が白ですし、モヤモヤに一番合う色は白だと思います。

GIMPの境界線のぼかしを使って、写真(画像)の周りをモヤモヤにする方法
あとはふちの周りにブラシ合わせて、塗っていくだけです。何回も塗れば白が強くなります。
好みに合わせて調整してください。

以上、画像編集ソフト「GIMP」を使って画像の周りをモヤモヤにする方法でした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

その他のGIMPの使い方はこちらの記事にまとめています↓↓
LINK【フリーの画像編集ソフト GIMPの使い方】無料で使えて高性能!写真加工に最適

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です