レッドウィング おすすめのワークブーツ10選【RED WING SHOES】

1905年にレッドウィングという街で、チャールズ・ベックマンを中心に、14人の仲間と小さな工場を設立したのがレッドウイングの始まり。アメリカ国内での生産にこだわり続け、ワークブーツの代表するブランドに成長しました。
日本ではアメカジファッションの定番アイテムとして、若い人から年配の方まで幅広く親しまれています。

今回は大人気ブランドレッドウィングの中から「おすすめのワークブーツ10選」を紹介します。

ポストマンシューズ

靴の名前にもなっていますが、ポストマン(郵便局員)とポリスマンのために作られたシューズ。
丈夫さと歩きやすさを考えて開発され、ウェッジタイプのラバーソールは雨の日でも滑りにくく、長時間履いても疲れにくくなっています。
上品な光沢のあるレザーは下ろしたてでもカッコいいです。

rockyhataさん(@rockyhata)がシェアした投稿


カジュアルな服やスーツにも合うので、ビジネスマンに大人気のシューズ。

ワークオックスフォード


軽作業用として開発されたモデルですが、革に厚みがあり頑丈なワークシューズです。
当時は人気がなかったせいか、70年代に廃盤になりましたが、最近になり復活しました。

レッドウィング おすすめのワークブーツ10選【RED WING SHOES】
個人的には大好きなワークシューズで1足所有しています。

フォアマン

レッドウィング おすすめのワークブーツ10選【RED WING SHOES】

通常のオックスフォードには使用しない、HHHグレードという厚みのある革を使用し頑丈なつくりにしてあります。
ソールはコルクソールにミッドソールをプラスし、底も頑丈に!!

細身でシンプルなデザインですので、いろいろな服装に合わせられると思います。

エンジニアブーツ

アメリカ全土に路線が発達した20世紀初頭、当時の花形職業だったレイルロードエンジニアに向けて作られたワークブーツ。

衝撃から足先を守るスチールトゥ(一部モデル)、足首を確実にホールドする太いベルトが特徴的で昔から変わらない設計で現在も発売されています。

履きなれるまでは、革が固くて脱ぎ履きがしにくいですが、足に馴染んでくるとしっくりきます。


ハードな使用にも耐えられる頑丈さで、バイク乗りに大人気。
アメリカンタイプのバイクとよく合うと思います。

ベックマン

takaoさん(@takupapaikumen)がシェアした投稿


創業当時の基本の形を維持いしながら、現代のテイストを取り入れて作られています。
創業者の名前をつけたブーツでもあり、レッドウィングの中でも代表的なモデルです。

最高級革のフェザーストーンレザーを使用しているのはこのモデルだけのようです。

アイリッシュセッター

レッドウイングと言えば「アイリッシュセッター」と言う人も多いと思います。
自分も現在2足所有しています。

名前は犬種の「アイリッシュセッター」からきています。
使用することにより、アイリッシュセッターの毛色のようになるところから名前がつけられたとか。

以前は、タグの部分に犬の絵が入っていましたが、1990年代後期から現在の赤い羽根タグに変わっています。

アイリッシュセッター モックトゥ

アイリッシュセッター ラウンドトゥ

アイアンレンジ

アイアンレンジはクラシックスタイルを再現したワークブーツ。


特徴はつま先が補強されているところ。
丈夫さを求めるバイク乗りにも大人気です。

ロガーブーツ


足をガッチリ包み込むロガーブーツ。

その名のとおり、木を切り倒すロガーという職業の人向けにつくられています。
丈夫で頑丈、アウトドア好きの方におすすめです。

こちらのブーツは現在1種類、黒のみの販売になります。
ミリタリーコーデをする人にも人気がありますね。

ラインマンブーツ

たかよひさん(@takayo_hi)がシェアした投稿


電線工(ラインマン)に向けて作られたモデルです。
高所の作業でもシッカリ足元を確保できるように作られています。

@bootso.nがシェアした投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です