誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技

こんにちはAKIRA(@harusukisuki200)です。

今回は画像編集ソフトphotoshop を使って写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技を紹介します。

雨が降っているように見せる方法

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
まず画像を用意します。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
レイヤーメニュから、新規レイヤーの追加をします。今回レイヤー名は雨としました。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
メニューバーの編集→塗りつぶしを選択します。そのあとのポップアップメニューで、使用は「50%グレー」描画モード「通常」不透明度「100%」で設定し、OKを選択します。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
このようなレイヤーができます。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
フィルタメニューのノイズ→ノイズを加えるを選択します。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
ポップアップメニューが表示されますので、量を「10%」分散方法を「ガウス分散」グレースケールノイズにチェックを入れOKを選択します。

無題
次にフィルタメニューのぼかし→ぼかし移動を選択します。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
ポップアップメニューが表示されますので角度を「60度」ちなみにここの角度が、雨の角度になるので風が強いイメージにしたい場合は角度の調整をすることでイメージに近づけることができると思います。距離は40pxで設定します。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
次にイメージ、自動トーン補正を選択します。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
次に不透明度を「90%」に通常の部分を「スクリーン」に指定します。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
レベル補正を選択します。

1
画像のように数字を変更します。矢印の部分を右にスライドして変更することも可能です。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
画像の上下に不自然な線ができますので、編集→自由変形でレイヤーの位置を調整し、なくします。

誰でもできる!!photoshop で写真を雨が降っている時に撮影したように見せる技
これで出来上がりです。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク