動画の画像ファイル小さくして、YouTubeのアップロード時間を短縮する方法

こんにちはAKIRA(@harusukisuki200)です。

動画ファイルって容量が大きいと、アップロードに時間がかかりますよね。

今回は動画のサイズを小さくして、アップロード時間を短縮する方法を紹介します。

YouTubeへのアップロード

動画配信サービスのYouTubeにアップロードする時間が、2GBぐらいのサイズの動画になると、回線の状況などにもよりますが、2時間以上かかってしまうこともよくあります。ファイルの容量を小さくすれば画像の質は落ちてしまいますが、時間の短縮にはなりますので、今回はFREEで使えるソフトFree Video Converterを紹介します。

Free Video Converter

Free Video Converterを持っていない方は、下記のURLにアクセスしてダウンロードしてください
1
http://www.freemake.com/jp/free_video_converter/

ダウンロード完了したら、パソコンにFree Video Converterをインストールします。

動画の変換方法

ファイルの追加

2
まずは動画を小さくしたいファイルを、「ファイル」→「ビデオを追加する」で開きます。

動画形式の選択

4
次にメニューバーの変換するを選択して、変換したい動画の形式を選択します。今回はavi形式を選択しました。YouTubeにアップロードするならavi形式で問題ありません。

動画サイズの選択

5
次に動画のサイズと動画の出力先を選択し、最後に変換するをクリックすれば変換が始まります。今回は動画サイズを640×480に設定しました。変換時間は10分ぐらいあれば変換できます

最後に

いかがでしたでしょうか。無料でダウンロードできる「Free Video Converter」を使えば、誰でも簡単に動画のファイルサイズを小さくすることができます。今回は2.93GBのファイルを122MBまで小さくすることができ、YouTubeへのアップロード時間も10分ぐらいですみました。画質はどうしてもサイズを小さくすることにより、悪くなってしまいますので、状況に合わせたサイズに変換しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です