ヘアドライヤーの選び方|ドライヤーを購入する前に確認する5つのポイント

ドライヤーと言ってもいろいろ種類がでていますので、迷ってしまいますよね。安いものだと2000円ぐらいから高い物では2、3万円する物もあります。価格は高くなればそれなりに、機能も充実していいものになりますが、ドライヤーにそんなにお金を掛けたくないという方は、必要な機能を選んで自分に合ったドライヤーを選びましょう。

そんなドライヤーなんていらないよ!!自然乾燥で十分なんて言っている人もいますが、自然乾燥で済ませるのは絶対やめた方がいいです。髪をぬれたまま放置すると、菌が繁殖しますので、髪を洗ったらなるべく早くドライヤーを使用し髪の毛を乾かすようにしましょう。

ドライヤーを購入する前に確認する5つのポイント

1. 風量

ドライヤー選びでは、まず風量が重要になると思います。風量が大きい程乾く速度も早くなります。

2. 温度調整機能

温度は高い程乾く速さも上がりますが、熱すぎると髪を痛める原因にもなります。何段階かで温度を調節する機能がついているドライヤーがおすすめです。

3. 音

風量が大きい程乾く速度も早くなりますが、風量が大きいと、音も大きくなるドライヤーが多いです。髪を乾かす時間が、夜中に多い人は注意が必要です。

4. イオンなどの機能

最近ではイオン機能が付いているドライヤーが多いです。イオンが髪をコーティングし、ドライヤーの熱から髪守ったり、髪の毛にイオンで水分を与えることにより、艶のある髪に仕上げる効果があるようです。

5. デザイン

いろいな形や色の物がでていますので、こだわる方もいると思います。

おすすめドライヤー

3000円以内で収める

KOIZUMI HUGE 【ビタミンカラーのアクセントがキュート 新型風圧ファン搭載で風速アップ】マイナスイオンヘアドライヤー ホワイト KHD-1238/W

新品価格
¥1,540から
(2014/4/5 22:10時点)

6000円以内で収める

Nobbyプロ用マイナスイオンヘアドライヤーNB2501ホワイト

新品価格
¥5,200から
(2014/4/5 22:18時点)

値段は気にしない

Panasonic ヘアードライヤー ナノケア 白 EH-NA94-W

新品価格
¥22,098から
(2014/4/5 22:19時点)

これ以外の商品を探してみる

その他のドライヤーをアマゾンで探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です