健康・医療

自律神経失調症が再発!不眠、だるさが辛いので、心療内科に行ってきました

今年に入り体調不良に苦しんでいます。

症状は、
・不眠(寝てもすぐにおきて眠りが浅い)
・手汗がひどい
・目の下がひくひく痙攣している
・不整脈
・不安になる
・だるい
・すぐに疲れる
・動悸
・昼間眠くなる
・簡単なことでもめんどくさくなる

など。

症状を上げてみると、ただのやる気のないやつでにも思われそうですが・・・・(笑)

これはまさしく今から12年前ファミレスの店長をやっていたころにも経験した感じのやつ。
そのころ医者から言われた病名は「自律神経失調症」。

今年に入ってからの体調不良もおそらく「自律神経失調症」が原因かと思います。

結局12年前は「自律神経失調症」から「うつ」といった、症状の悪化をたどってしまったので、今回はそうならないように、仕事をセーブしながらだましだまし2ヶ月間過ごしました。

12年前の「自律神経失調症」のときは、大きな病院で、いろいろな部分の精密検査を受けて異常がないのを確認してから、そこの病院の心療内科に回されたのですが、
今回は精密検査がめんどうだったので、小さな町の心療内科に診療してもらえるか問い合わせてみることに!

電話で、「自己診断ではメンタルがやられてるせいだと思う」と今の症状を話し、診療してもらえるか聞くとOKとの返事。
1週間後に予約して伺ってみることにしました。

心療内科


はじめての町の心療内科ということで、かなり緊張。
ただでさえ、手汗がひどいのに、緊張がプラスされて足汗がびっしょりです・・・・


受付をすませ、問診表に今の状況を細かく記載。
その後30分ぐらい待ち、いよいよ院長先生と対面。

今の状況をはなし、あまり薬は飲みたくないことも話すと、漢方をすすめてくれました。

漢方なら、植物や動物、鉱物など、天然の素材の組み合わせで作られているから、副作用はあまりないとのこと。

処方された漢方


処方された漢方は「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」というやつ。

脈もおなかの力も弱く、全身倦怠感や食欲不振などをともなう、さまざまな不調が処方の対象となります。気力がわかない、疲れやすいといった人から、胃腸虚弱、かぜ、寝汗など、また、病後・産後で体力が落ちているときや夏バテによる食欲不振にも使われます。

このような症状の場合に使われるらしく、かるい症状の自律神経失調症にも効くらしい(ネット調べ)

配合生薬は「人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、陳皮(チンピ)、大棗(タイソウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、升麻(ショウマ)」。


色は薄い茶色で、味は甘苦く、3.75gの量はけっこう多く飲むのが大変・・・・

とりあえず2週間処方されたので、飲みきろうと思います。
効果はのちのちブログにて。

PS:こういう精神系の病気の場合、すぐに完治することはあまりないので、気長に病気と戦う事にします。

それと、健康になってからだとすぐに忘れがちだから、今のうちにブログに書いときます。あくまで、自分に向けて。

健康であることは当たり前のことではなくて、とても素晴らしく、幸せなこと。

ABOUT ME
akira
akira
2006年にうつ病を発症し会社を退職。1年で回復し社会復帰できましたが、2018年1月に人生2回目のうつ病を発症し、その年の6月に会社を退職。現在無職で闘病中です。人生山あり谷あり。早く寛解したいです。