うつ病

うつ病の医療費が高いので、自立支援医療の申請をしてきた!

うつ病の医療費が高いので、自立支援医療の申請をしてきた!
うつ病になると長く通院することになるケースが多いので医療費がけっこうかかります。

AKIRA
AKIRA
うつ病になると通常半年以上通院するケースが多いので医療費がけっこうかかるんですよねぇ〜

ただでさえ精神的な体力が落ちて仕事がいままで通りにできないのに、医療費が高額になってしまっては大変ですよね。

うつ病になったら「自立支援医療制度」を絶対に活用しましょう!
デメリットははっきり言って一つもありません。

自立支援医療制度とは?

医療費の自己負担が安くなる制度です。
通常国民保険や、社会保険を使用した時の自己負担は3割です。それが自立支援医療制度を使えば1割負担になります。
それと上限額というのもあり、年収によって最大月5000円になったり、1万円になったりまします。

使える病気は、

・統合失調症
・うつ病、躁うつ病などの気分障害
・不安障害
・薬物などの精神作用物質による急性中毒又はその依存症
・知的障害
・強迫性人格障害など「精神病質」
・てんかん

等になり、病院又は診療所に入院しないで行われる医療が対象となります。

あくまで通院の場合に限り、入院医療の費用は適用されません。

病院の方からは教えてくれないので、この制度を知らない人はたくさんいます。
僕はうつ病になって半年近く経過してから、たまたまネットを見て知りました。

AKIRA
AKIRA
もっと早く知っていれば・・・・1万円ぐらいは損しました(悲)

自立支援医療制度 申請方法

住んでいる市町村によって多少かわるかもしれませんが、自分で取り寄せる書類は「医師の意見書(自立支援医療用の診断書)」ぐらい。

あとはマイナンバーと判子をもって市役所に行き、申請書などの書き方を教わりながら、3枚ぐらい書類の記入を終わらせてれば、申請は完了します。

僕の場合申請したその日から、申請書類の控えを見せるだけで1割負担になりました。

AKIRA
AKIRA
1割負担になったので、薬代合わせても1回の治療費が1000円ちょっとになりました。

自立支援医療受給者証


申請が通ると「自立支援医療受給者証」と


「自己負担上限額管理票」というのがもらえます。
※「自己負担上限額管理票」は通院している病院によって違うかもしれません

自分の場合、両方とも病院から受け取りました。

1年間で医療費はどのくらい変わってくるのか


この「自己負担上限額管理票」で自分の医療費を計算してみたところ、この制度を利用することで年間で10万円くらい医療費が安くすむことがわかりました。
10万円はけっこうおおきい金額ですよね。

まとめ

うつ病などの精神疾患になったら「自立支援医療の申請」をしましょう。

デメリットはひとつもありません。

ABOUT ME
akira
akira
2006年にうつ病を発症し会社を退職。1年で回復し社会復帰できましたが、2018年1月に人生2回目のうつ病を発症し、その年の6月に会社を退職。現在無職で闘病中です。人生山あり谷あり。早く寛解したいです。
ブログで月5万円収入を得る方法