canon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ 「EF-S60mm F2.8」レビュー

接近して小さな虫や、その他いろいろ写真を撮りたくなり、マクロレンズを購入しました。

マクロレンズの中で安い価格帯から、何個か候補を挙げた結果「キヤノン マクロレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM 」に決定。

価格は5万円以下だったのでまぁマクロレンズの中では安いでしょ!!

ちなみに本体は「EOS kiss x5」を使用。

それでは、何度か使用したのでレビューをしたいと思います。

キヤノン マクロレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM の特徴・レビュー

等倍までの近接撮影が行え、小さな世界を大きく切り取ることができる軽量・コンパクトなマクロレンズ。草花や昆虫に秘められた、自然の美しい造形や鮮やかな色彩などを生命力豊かに描写します。ワーキングディスタンスは等倍撮影時で90mm。また、通常の中望遠レンズとして、ポートレートや風景撮影など幅広い被写体に対応できます。35mm判換算の焦点距離イメージは96mmとなります。

外観の写真

canon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ 「EF-S60mm  F2.8」レビュー
こちらは外箱です。

canon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ 「EF-S60mm  F2.8」レビュー

canon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ 「EF-S60mm  F2.8」レビュー

こちらがレンズの外観です。
最大径×長さ:73×69.8mm 重量:335gです。

初めてのマクロレンズですので、ちょっと重たく感じます。

撮影した写真

ここからは「EF-S60mm F2.8」で撮影した写真を紹介します。

10円玉

canon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ 「EF-S60mm  F2.8」レビュー
10円玉です。こんなにドアップで、細かくとれます。
初めてのマクロレンズの写真。

こんなに鮮明に撮れるところに感動です。

50円玉

canon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ 「EF-S60mm  F2.8」レビュー

今度は50円玉を撮影してみました。
傷まで丸見えです!!

ホコリタケ(植物、きのこ)

canon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ 「EF-S60mm  F2.8」レビュー
ホコリタケというきのこです。

小さくて可愛いきのこですね。

ツチカブリ(植物、きのこ)

canon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ 「EF-S60mm  F2.8」レビュー

これはツチカブリというきのこです。
美味いのでしょうか?

なんでも食べることを考えてしまう私です。

ナガゴマフカミキリ


アングルがいまいちかな〜

アゲハ蝶


まぁまぁ綺麗撮れてるでしょ

最後に

デジタル一眼レフ初心者の私ですが「マクロレンズ」って面白いです。
小さな物とか、ドアップ画像をいろいろ撮影しまくろうと思います

私が購入したレンズはこちら

22 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です