4K液晶テレビの解像度と名前の由来

1 min 27 views
akira

akira

2006年にうつ病を発症し会社を退職。1年で回復し社会復帰できましたが、2018年1月に人生2回目のうつ病を発症し、その年の6月に会社を退職。現在Youtube、ブログアフィリエイト、バイトと貯金で生活しています。人生山あり谷あり。早く寛解したいです。
>>ブログで収入を得る方法は無料で公開しています

FOLLOW

こんにちはAKIRA(@harusukisuki200)です。

今回は4Kテレビの解像度と名前の由来を紹介します。

4Kテレビと呼ばれるわけ

簡単に説明すると縦×横の画素数が4000×2000前後のもののことを言うみたいです。

Kの由来は、キロは1000だから!!
そんな理由です。

地デジの解像度を超えているのに4Kは意味があるのか

フルハイビジョンの4倍の画素数を誇る4Kテレビですが、そもそも現在地上波デジタル放送は1440×1080画素で放送されています。4Kテレビよりも解像度の低い地デジやブルーレイの映像を観ても、意味はあるのだろうか?という疑問がわいてきます。

そこで注目すべきは超解像技術。超解像度技術というのは、解像度が低い映像に対して処理を行うことにより、映像の解像度を向上させる技術のこと。

これによって、地デジやブルーレイなどの映像は、フルハイビジョンのテレビで見るよりも、高精細で美しい映像を楽しむことができるのです。
引用 エンジョイマガジン

解像度は超えていても、画質はいいみたいですね。当たり前か・・・

最後に

価格はだいぶ安くなってきて10万円前後で買えるようですね

出た当初は30万以上して、絶対かえねーって思ってましたが、手が出せる値段になってきました。

買い換えるなら今かもしれませんよ。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。
4KテレビをAmazonで探してみる

カテゴリー:
ブログで月5万円収入を得る方法

アルバイトはしていますが、僕は現在定職にはついていません。ブログとYoutubeのアフィリエイト収益で生計をたてています。アフィリエイトでお金を得るのは決して楽なことではありませんが、調子の悪いときは休んで、調子の良い時だけ仕事をするという自分のペースで作業をすることも可能です。以下のリンク先ではブログで収益を得る方法を紹介しています。少しでも興味のある方は読んでみてください

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です