生活の知恵

【4K液晶テレビの解像度】4Kテレビの由来や意味

こんにちは元リサイクルショップ店員のAKIRAです。

今回は4Kテレビの解像度と名前の由来や意味を紹介します。

4Kテレビの由来や意味 本当の画素数は

簡単に説明すると4Kテレビの横のがそうが4000に近いと言うことから4Kテレビと呼ばれています。

K=1000

実際の4Kテレビの画素数は「3840x2160」なんですけど、たしかに3.84Kテレビだと呼びづらいですもんね。

地デジの解像度を超えているのに4Kは意味があるのか

フルハイビジョンの4倍の画素数を誇る4Kテレビですが、そもそも現在地上波デジタル放送は1440×1080画素で放送されています。4Kテレビよりも解像度の低い地デジやブルーレイの映像を観ても、意味はあるのだろうか?という疑問がわいてきます。

そこで注目すべきは超解像技術。超解像度技術というのは、解像度が低い映像に対して処理を行うことにより、映像の解像度を向上させる技術のこと。

これによって、地デジやブルーレイなどの映像は、フルハイビジョンのテレビで見るよりも、高精細で美しい映像を楽しむことができるのです。
引用 エンジョイマガジン

解像度は超えていても、画質はいいみたいですね。当たり前か・・・

最後に

価格はだいぶ安くなってきて有名ブランド以外なら、43型で4万円くらいでも購入できます。

出た当初は30万以上して、絶対かえねーって思ってましたが、手が出せる値段になってきました。

買い換えるなら今かもしれませんよ。


-生活の知恵