XSERVERはお得!!転送量を考えて、サイトのアクセス数に合ったサーバー選びをしよう

こんばんは管理人のAKIRAです。今回は転送量を考えてサーバー選びをです。

転送量とは

簡単に説明すると転送量とは、サイトを閲覧する時などに必要とされる、サーバーからのデータ送受信、合計サイズのことです。
サイトを表示するには、閲覧者からのサイトを表示する為のリクエストがサーバーに送られてきます。ここでのリクエストとは、htmlファイル、画像ファイル、音楽ファイル、動画ファイル、などです。

例えは画像ファイルでも、データのサイズが大きくなると、リクエストのデータ量も増えますので、転送量が増えます。ですので、大きなサイズの動画や、画像をたくさんおくサイトを作ろうと考えると、それなりの転送量が必要となります

転送量はサーバーによって違います

1日の最大転送量はサーバーによって違います。無制限のところもありますし、最大値を超えると、追加料金がかかるサーバーもありますし、超えるとサイトが表示されなくなるサーバーもありますので、自分のサイトに合ったサーバーを選ぶことが必要になります。

ロリポップレンタルサーバー

比較的安い料金でそれなりの、アクセスに耐えられるお勧めサーバーは、ロリポップレンタルサーバーのチカッパプランです。最大転送量は月間300GBです。月間10万アクセス以下ぐらいのサイトにお勧めです。

格安サーバーをお探しなら、ロリポップレンタルサーバーがお勧めです  


エックスサーバー

一番のオススメはサーバーはコストパフォーマンスが最高なエックスサーバーです。月額1,080円のX10プランでは50GB/日が目安となっており、月間に換算すると約1.5TBの転送量をほこるXサーバーです。価格も安いですし、これならあまり大きなサイズの画像、動画などないサイトでしたら月間100万アクセスぐらい耐えられるのではないでしょうか。
エックスサーバーは無料お試し期間が10日あります。


エックスサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です