ワードプレス記事中に、吹き出し付きの会話形式が作れるプラグイン「speechbubble」

今回紹介するのは、ワードプレスの記事にLINEのような吹き出し付きの会話形式が作れるプラグイン「speechbubble」を紹介します。

「speechbubble」の使い方

プラグインがインストールされていない方は、新規追加で「speechbubble」を検索して追加しましょう。

あとは記事中に下のコードを入れるだけです。

 
[speech_bubble type="drop" subtype="L1" icon="1.jpg" name="私"] こんな便利なプラグインあるって知ってた? [/speech_bubble]
[speech_bubble type="drop" subtype="R1" icon="2.jpg" name="友人A"] 有名なプラグインだから、誰でも知ってるよ。 [/speech_bubble]

記事にはこのように表示される

こんな便利なプラグインあるって知ってた?
友人A
有名なプラグインだから、誰でも知ってるよ。
記事にはこのように表示されます。

ショートコードの解説

name:この部分の名前を変えれば表示される名前が変わります。

icon:デフォルトでは2種類しかありませんが、FTPソフトなどで、プラグインの中のimgフォルダに追加すれば、オリジナルのアイコンを設定できます。

subtype:左に表示するか、右に表示するかを設定できます。

type:吹き出しの形が9種類用意されていて、コードはdrop・std・ fb・ fb-flat・ln・ ln-flat・ pink・ rtail・ thinkになります。上のコードはdropに設定してあり。それ以外のコードを入れると、吹き出しの形も変化します。

std

stdだとこんな感じだよ
友人A
ほんとシンプルな感じですね。

fb

fbだとこんな感じだよ
友人A
へー

fb-flat

fb-flatだとこんな感じだよ
友人A
なるほど!!

ln

lnだとこんな感じだよ
友人A
LINEぽいですね。
狙って作ったんじゃないのかな

ln-flat

ln-flatだとこんな感じだよ
友人A
ほうほう

pink

pinkだとこんな感じだよ
友人A
かわいいサイトには合うかもね

rtail

rtailだとこんな感じだよ
友人A
結構私すきかも

think

thinkだとこんな感じだよ
友人A
回想シーンみたいですね
最後にアイコンを変えてみた
「speechbubble」はかなり便利なプラグインだと思いますので、使ってみてくださいね
友人A
はーい
友人B
はーい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です