ATM手数料がいろいろな場所で無料で使える銀行!!新生銀行のメリットの紹介

こんにちはAKIRA(@harusukisuki200)です。

今回はATM手数料がいろいろな場所で無料で使える銀行!!新生銀行をご紹介します。

今はコンビニATMがどこにでもある時代ですが、手数料を毎回100円~200円程度支払って引き出している方もいるのではないでしょうか。
もったいないので、この記事を読んでいいなぁと思った方は、新生銀行の口座を開設しましょう!!

新生銀行のメリット

・ATM手数料が無料
・他銀行の振込手数料がどの銀行でも月1回は無料
(条件をクリアすれば月10回無料になることも)
・2週間満期預金(金利0.15%)
・海外のATMでも新生銀行のキャッシュカードが使える

ATM手数料が無料

コンビニATM
やはりこれが一番の魅力でしょうか!!
新生銀行のATMで無料なのは、あたりまえですが、コンビニATM(セブン銀行・イーネット・ローソンATM)でも24時間365日無料で お金の出し入れができます。24時間365日無料というのが最高ですね。

他銀行の振込手数料が無料

ネット振込のみですが、オークションをやる方など、ネットで取引をする方にとっては、手数料が無料なのはかなりのメリットになるのではないでしょうか。ただし新生銀行同士でしたら、無制限ですが、他銀行になると、月1回だけになります。ただし条件によっては月10回までふやすことができます。

その条件とは

簡単に説明すると、新生銀行には、STANDARD(スタンダード)・GOLD(ゴールド)・PLATINUM(プラチナ)の3つの口座の種類があり、ゴールドになると、月5回無料、プラチナなら月10回無料になります。

ゴールドになる条件 
・2週間満期預金の月間平均残高が100万円以上
・新生銀行指定の投資商品の月間平均残高が30万円以上

どちらかでも、クリアすればゴールドになれます。このぐらいなら、クリアできそうな条件ではないでしょうか。

2週間満期預金(金利0.15%)

一般的な定期予期と違う点は、2週間で満期がくるという点で、2014年7月現在の金利が0.15%となっています。
大手銀行の三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行(ともに0.025%)ですので、比較するとこの数字の凄さがわかります。
金額は50万円からですので、少しまとまったお金が必要になりますが、満期がくるのが2週間後ですので、50万円からでもさほど問題なく預けることができるのではないでしょうか。

海外のATMでも新生銀行のキャッシュカードが使える

PLUSマーク
画像引用元:バギオ留学.com

PLUSマークのあるATMでしたら、新生銀行のキャッシュカードでお金をおろすことができます。
海外のATMでお金を下ろしたら、円普通預金の残高が引かれます。Visaワールドワイドが定めたレートに4%を加算したレートにより円換算されるようです。
手数料が少し高いのが少し気になりますが、海外旅行など頻繁に行く方などにとっては、とても便利です。

デメリットは

デメリットをあげるとすれば、店舗にて他銀行に振込をする場合、振込手数料は最低でも600円程かかりますのでかなり高いです。
ですが、インターネット環境が自宅にある方に関しましては、今はネットを使用して振込ができる時代ですので、あまり問題ではないと思います。

口座開設はネットで

口座開設はネットで簡単にできます。
口座開設、管理費などすべて無料で出来ますので、新生銀行の一番のメリットである、ATM手数料無料だけ考えても、口座開設をしておいて無駄ではないのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です