新冷媒R32の違い R410の部材、マニホールドなどの機材などは使えるのか

管理人のAKIRAです。今回はダイキンが2013年から採用した、エアコンの新冷媒R32について、R410との違いと、マニホールド、真空ポンプ、銅管なでの部材などはそのまま使えるのかを開設します。

新冷媒R32とは

省エネ性能と環境対応力を考えられた冷媒です。オゾン層破壊係数がゼロで、さらに地球温暖化係数が低いのが特徴です。
R32を採用するにあたり、ダイキンではエアコンの「構造」から作り直しています。

簡単に説明すると、 環境に優しく、省エネが実現できる冷媒ということです。

いままで使用していた部材は使えるか

ほとんどの機材、部材は使用できます。
使えないものは、機材ではマニホールドの飽和目盛り計と、部材では当たり前ですがR410の冷媒は使えません。

まとめ

新冷媒R32のルームエアコンを取り付けで変更になる所は、マニホールドを変更するのと、R32用の冷媒を使用するところぐらいですので、ない場合はその2点は購入しま
商品は下記のリンクアマゾンから購入すると安いです。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です