新冷媒R32の違い R410の部材、マニホールドなどの機材などは使えるのか

【追加でガスを入れる】冷えない(効かない)エアコンのガス補充の方法
管理人のAKIRAです。

ダイキンが2013年から採用した、エアコンの新冷媒R32。
今回は、今でも現役エアコンのガスとして使用されているR410との違いや、マニホールド、真空ポンプ、銅管なでの部材などはR410で使用していた時のものが使えるのかも解説します。

新冷媒R32とは R410との違い

省エネ性能と環境対応力を考えられた冷媒です。オゾン層破壊係数がゼロで、さらに地球温暖化係数が低いのが特徴です。
R32を採用するにあたり、ダイキンではエアコンの「構造」から作り直しています。

簡単に説明すると、 環境に優しく、省エネが実現できる冷媒ということです。

いままで使用していた部材は使えるか

ほとんどの機材、部材は使用できます。
使えないものは、機材ではマニホールドの飽和目盛り計と、部材では当たり前ですがR410の冷媒は使えません。

まとめ

新冷媒R32に変わったことによりエアコン取り付けで変更になる所は、マニホールドを変更するのと、R32用の冷媒を使用するところぐらいです。マニホールドに関してはメーター以外は特に変わらないので、変更しないでもなんとかなります。

だけど霊媒は必ずR32用のものを使用してくださいね。

楽天やアマゾンのネットショップからガスや部材を購入することができます

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク