歯科衛生士が出会った「ちょっと困った、患者さん」

こんにちは、今回からこちらのサイト「wel」で記事を書くことになりました。
歯科衛生士のトマトです。

職業柄、歯医者さんにまつわるお話が多くなると思いますが、よかったら読んでください。

後で私の自己紹介もしたいと思います。

それでは本題です。ただの日記になってますが、よかったら読んでくださいね。

ちょっと困った、患者さん

私の勤務している歯医者にアポ無し、しかも決まって水曜日の11:00〜12:00位に直接窓口に来る患者さんがいるんです。
いつも元気よく「こんちわっす!!」と院内に響きわたる声その人はでやってきます。

年齢は20歳ぐらいの男性の若いひと。

「あー来たー」と助手の◯◯さんといっつも目を合わせてしまいます。

その時間帯はちょっと困ります

ちょうどその時間帯は待っている患者さんも多く、とにかく忙しいですよね。
急患は随時受け付けているのですが、もう毎週のようにくるのが決まっているのなら、出来れば電話の1本も欲しいところです。

結局毎回1時間程待っていただき、ようやく診療室へ

診察室での会話

歯科衛生士
「今日はどうされました?」
おもむろに指を口の中に入れ左右上下全ての歯をさすりながら

男性
「この辺がしみるっていうか、痛いっていうかしみるっていうか。。。」

歯科衛生士
「痛みがありますか?」

男性
「痛くはないんですが、しみるっていうか。。。」
毎度こんな感じなので、カルテを見てしみるところ(知覚過敏)の症状があるところにエアーをかけてみる

歯科衛生士
「しみますか?」と声をかけながらエアーをかけてみる。
しみないところは特に反応は無いが
しみるところは「きます!きます!」と言って手をあげます。

それがまあまあ面白いのですが、結局いつも大した事は無いんですよ。
特に迷惑な程でも無いんですけど、予約だけはとってくださいって感じです。

以上、とりとめのない話でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク