3秒ルールとは 3秒ルールについて考える

3秒ルールとは

3秒ルールとは地面に食品を落とした時に、よく言われるルールである。食品を地面に落とした時に3秒以内に拾うことができれば、ばい菌が食品につかないと言っているルールである。

本当に3秒ルールは有効なのか

確かに条件によっては有効になるのかもしれない。
乾いた食品に対して、綺麗で乾いた床(綺麗とは人によって感覚が違うと思うが)であれば、3秒以内にばい菌が食品に移動する確率は少なくなるのかもしれない。だが、綺麗な床とはどんな定義なのだろうか?

病院の床を考えてみよう。確かに見た目は綺麗にみえるが、ばい菌が少ないとは思えない。

たとえば病院に舐めている飴を落としたとしたとして、あなたは飴を拾ってなめることができるであろうか?3秒ルールが成立しても舐めることができるのであろうか?

私はできない。見た目は綺麗な床だが、おそらくできない。家の掃除をしていない床に飴を落とした場合は飴をなめることができるかもしれないが、病院の床ではできない。

海外では

海外では5秒ルールが支流なようだ。とくに理由はわからないが・・・

このルールに対して当時3年生だった、ジリアン・クラーク氏が実験によって検証したそうだ。
クラーク氏は大腸菌床にまき、グミキャンディーやクッキーを放置し、時間ごとに菌の繁殖率を調べたようだ。結果は5秒以内でも大量の菌が付着したようだ。

まとめ

3秒ルールとは、確かに条件によっては、成立するかも?条件とは乾いた食品で、乾いた綺麗な床。

ですが基本的には落ちた食品は菌が付着したと考えた方がいいでしょう。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です