第2回 wordpressのカスタム構造で、パーマリンクの変更、全て同じアドレスでページを作成する 2/3

[ドメイン名を変更しないでhtmlだけで作っているサイトからワードプレスのサイトに変更する方法]の2回目、wordpressのカスタム構造で、パーマリンクの変更、全て同じアドレスでページを作成する方法を紹介します。

前回Xserverにワードプレスをインストールするとことまで紹介しましたが、その続きになります。
前回の記事はこちら
第1回 引越し先のXserverでワードプレスをインストールする 1/3

ワードプレスにログイン

現状ではネームサーバーの変更を行っていない状態ですので、Xserverにインストールした、ワードプレスに通常の方法ではログインすることができません。

ですので、hostsファイルを書き換える必要があります。

hostsファイルの書き換え方法

hostsファイルの書き換えすればネームサーバー変更前でも、引越し先のサーバーにアクセスすることが可能になります。

「hosts」ファイルとは、PCのシステムファイルの1つで、IPアドレスとそれに対応するホスト名(ドメイン名)の一覧が記載してあるファイルです。

hostsファイルのある場所は、windowsとmacでは場所が違います。

hostsファイルの場所

Windows8/7/vista/XP
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

Windows2000
C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts

Windows95/98/Me
C:\Windows\hosts

Mac OS X
/etc/hosts/

「hosts」ファイルの編集方法は下の記事に書いてあります
ネームサーバー切り替え前に、新サーバで利用予定のドメインで表示確認をする方法
「hosts」ファイルの編集の時に、自分のサーバーのIPアドレスを入力する事になります。エックスサーバーでのIPアドレスの確認方法がわからない方は下の記事で
Xserver (エックスサーバー) 自分のレンタルしているサーバーのIPアドレスを確認する方法

引越し先のサーバーにログイン

今回は企業用のサイトをワードプレスに変更すしていますので、デザインは以前に作成したものを使用します。
ワードプレスのテーマ「stinger5」をカスタマイズして、企業のホームページとして2015年1月から運用します

こちらでstinger5を企業用にカスタマイズしたものを使用したいと思います。

パーマリンクをカスタム構造で設定

第2回 wordpressのカスタム構造で、パーマリンクの変更、全て同じアドレスでページを作成する 2/3

「設定」→「パーマリンク設定」と進み、カスタム構造を選択し、/%postname%.html と設定します。
この設定にすれば、新規投稿の際に好きなアドレスを設定することができます。

投稿の時のアドレスの設定方法

第2回 wordpressのカスタム構造で、パーマリンクの変更、全て同じアドレスでページを作成する 2/3
アドレスの設定方法はとても簡単です。

まず新規投稿の時に、上の画像部分の編集を選択します。

第2回 wordpressのカスタム構造で、パーマリンクの変更、全て同じアドレスでページを作成する 2/3
次に好きなアドレスを入れて、次にOKを選択すれば、任意のアドレスでページを作成することができます。

最後に

この方法でページを作っていけば、前に作っていたhtmlサイトからでも、すべてのアドレスを変更しないで、サーバーの移動とhtmlサイトからwordpressサイトに移行できます。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回はネームサーバーの変更を解説したいと思います。

ドメイン名を変更しないでhtmlだけで作っているサイトからワードプレスのサイトに変更する方法

1回目

・引越し先のXserverでワードプレスをインストールする

2回目

・wordpressのカスタム構造で、パーマリンクの変更、全て同じアドレスでページを作成する

3回目

・ムームードメインでのネームサーバーの変更 「サーバーがXserverの場合」

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です