【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみる

【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみる
エアコンの銅管のフレア加工のやり方を解説します。
今回は一般的な家庭用のエアコンの銅管「2分3分」でフレア加工を行います。

エアコンの銅管のサイズ

一般の家庭用のエアコンの銅管のサイズは細いほうが「2分 直径6.35mm 1/4」太いほうが「3分 直径9.53mm 3/8」になっています。

フレア可能に必要な工具

フレア加工をするには「フレアツール」という特殊な工具が必要になります。

下のような「部材セット」の場合、初めからフレア加工されている銅管がついてきますが、「ひと巻き」で購入する場合はフレア加工をする必要がでてきます。

それ以外にも銅管接続部分からのガス漏れの場合、フレア加工をやりなおすことにより漏れが改善される場合もあります。

フレア加工のやりかた

【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみる
とりあえず、先端をパイプカッターで切断するところから。
先端の状態が綺麗な円を描いていない場合は、パイプカッターを使用してカットします。

【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみる
フレアツールを使い、まずは3分(太い方の銅管)
からフレア加工をやってみます。フレアツールの「3/8」と記載されてところが3分用です。

【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみる
このように開いて、太いほうの銅管(3分)を3/8と記載された方にはさみます。

【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみる
はさんだ状態で、銅管が0.5mmほど出ている状態がちょうどよいです。

【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみる
その後ハンドルをグルグル回していきます。
このフレアツールの場合はクラッチがついているので、最後まで回すと空回りして終わりを教えてくれます。

【フレア加工のやり方】エアコンの銅管(冷媒菅)の接続をフレアツールを使ってやってみる
細いほうの銅管(2分)は1/4の方にはさんで同じ作業をします。
特に難しくはないと思います。
※上の画像は2分をフレア加工した画像。

詳しくは動画でも解説しているのでよかったらご覧ください↓

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク