【基本情報技術者試験】対策と勉強法 取得のメリットと合格率

こんにちはAKIRA(@harusukisuki200)です。

今回は「基本情報技術者」っていう資格取得のメリットや勉強法についてです。

僕は一時期資格の取得にはまっていた時期があって、いろいろな資格の勉強をして取得していたんです。

その時にとった資格の一つが基本情報技術者だったんですよね。

取得のメリット

アシスタント
アキラさん。この資格持ってて、いいことあったの?

AKIRA
うーん。資格を取る時に結構勉強したから、なんかパソコンの基本的なことはわかるような気がするよ。

アシスタント
基本的なことってなに?
それとあなたは基本的って言葉使いすぎよ

AKIRA
基本的、口癖だから・・・・

そんな感じで僕の場合は持っていてよかったと思ったことはあまりありませんが、IT関係の仕事に就きたい人は面接の時に多少有利になったり、資格手当などを付けてくれる会社も中にはあるんじゃないでしょうか。

僕はリサイクルショップで働いていますので資格手当とかはありませんが、会社の中ではパソコンを使う仕事では一番詳しいと思います。

何かあるとちょいちょい頼られますので。

勉強法

この資格は職業訓練として学校に通って試験を受け取得しました。

ですが学校に通わないでも絶対に合格できます!!
理由は、学校でやっていた内容は家でもできる内容だったからです。

授業という形で先生がいますが、時間の8割は過去問題を繰り返して答え合わせをするそれだけです。

そしてこの過去問題集を解くことが一番の勉強法なんです。

参考書は一冊ぐらい読んだ方がいいと思いますが、過去問を解いて答え合わせをすることの繰り返しが合格への近道なのです。

過去問で9割ぐらいの正解率が毎回でるようになれば、受かったようなもんです!

下のページでは過去問と解説付きの答えがありますので、これをやりまくれば受かったも同然です。
ですが、参考書は一冊ぐらい読んで理解しようね。
http://www.fe-siken.com/fekakomon.php

合格率

合格率は25%前後のようです。

合格者の平均年齢は25才前後みたいですよ。
下のリンク先に詳しくかいてあります。
http://www.fe-siken.com/fetoukei.html

まとめ

基本情報技術者試験に合格する秘訣は、過去問をやり続ける!!

それが合格への近道です。

資格を持っているだけで仕事ができるようになるものではありません。

ですが就職に有利になったり、資格手当が出たりなど持っていて損はありませんので、興味がある方は挑戦してみてくださいね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク