【追加でガスを入れる】冷えない(効かない)エアコンのガス補充の方法

今回は家庭用エアコンの冷媒ガスが減っている場合のガス補充の方法を紹介します。
たとえばガスの量が何かしらの理由で抜けてしまい、半分にへってしまったとします。
※例で半分に減っていると書きましたが、実際にはガスの量を測る事が出来ないため、半分減っているとは断定できません。

追加でガスを入れることにより冷えるようになる場合もあります。
ですが、ここからが重要なポイント!「基本的にはこの方法はやってはいけない方法です」
それでは下につぎたしをやってはいけない理由を解説します。

エアコンガスのつぎたしがいけない理由

1.適正量に戻すことはできない

理由はエアコンのガスは現在何グラム入っているのかがわからないということが一つです。
たとえば、エアコンが冷えなかったとします。
マニホールドという道具を接続してガス圧を測れば、少なくなっているのはある程度わかりますが、適正量の何パーセント減っているかは絶対にわかりません。
ですので、ガスのつぎたしをする場合、ガス圧を見ながら、適当(感)で入れることになってしまいます。

簡単に説明すると、エアコンごとにガスの適正量があり、減ってしまった場合、適正量ぴったりに戻す事ができない為です。

2.混合ガスの為

第2の理由として、R410というガスは混合ガスです。
ですので、詳しくは説明しませんが、つぎたしの場合ガスの比率がおかしくなってしまいます。

3.原因を特定しないとだめ

これは、エアコンガスをつぎたしする場合以外の、初めから入れなおす場合もどちらもあてはまりますが、結局継ぎ足しをしても、ガスの減った理由を特定し改善しなければガスは減ってしまいます。

エアコンのガスというのは通常の使用で、勝手に減っていくものではありません。
何かしら、原因がある為ガスが減っているのです。
原因を改善しなければ、また同じことになってしまうということです。

つぎたしはいけないことですが、ぶっちゃけ継ぎ足しすれば、冷えるようになる場合もありますし、継ぎ足しをしてしまう業者もいます。

完璧なやり方をまとめると

つぎたしがいけないってことは、完璧なやり方はどうやるの?
と疑問がでると思います。

完璧な方法は、ガスが減ってしまったということは何らかの原因がありますので、まずは原因を特定し、改善します。
その後エアコン本体に残っているガスをからにし、量りを使用して適正量を初めから入れなおすのが完璧な方法です。

それでも継ぎ足しするという方はこんなやり方で

あまり良い選択ではありませんが、原因の特定ができず、一時的に冷えてくれればいいという方は、ガスのつぎたしという方法もありかもしれません。

ガスのつぎたしには以下のの道具が必要になります
・プラスドライバー
・マニホールド
・エアコンガス
・モンキー

それではこれからガスのつぎたし方法を解説します。

1.モンキーでナットを開ける

【追加でガスを入れる】冷えない(効かない)エアコンのガス補充の方法
まずはエアコンの室外機のサイドにある銅管の接続部分のカバーをプラスドライバーでとります。
※上の画像はカバーのとった後のイメージ画像

次に上の画像の赤い矢印部分のナットをあけます。

2.マニホールドの接続

【追加でガスを入れる】冷えない(効かない)エアコンのガス補充の方法
次にマニホールドと室外機をつなぎます。
上の画像を参考にしてください。マニホールドのホースの色は緑の場合が多いです。
つなぐ時はエアコン静止時にしてください。

3.マニホールドとガスボンベの接続

【追加でガスを入れる】冷えない(効かない)エアコンのガス補充の方法
次にマニホールドとガスボンベをつなぎます。
上の画像に写っているマニホールドだと、英語表記でチャージと記載されている、一番右側の黄色いホースです。
※この画像だと字が読めませんが、本体にchargeと記載されています。

マニホールドの種類によってはホースの位置が違ったりしますので、説明書(マニュアル)があれば確認した方がよいです。
上の画像では赤ホースも接続していますが、それはガス継ぎ足しの時は使用しません。
あくまでイメージ画像ですのでご理解ください。
※赤ホースと接続しているのは真空ポンプです。真空状態にする時に必要な道具です。

黄色ホースを接続したら、マニホールドのゲージがcloseになっていることを確認し、ガスボンベを一度あけ黄色ホースにガスを充満させたあと、マニホールド本体の黄色ホースつなぎ目のジョイントを軽く開け閉めして、エアパージという作業をします。
エアコンの本体に空気が入らないようにする為の作業です。

4.ガスのボンベをあけてチャージ

これで準備は整いましたので、エアコンを運転ボタンをおして動かし始めます。
動き始めたら、マニホールドのゲージをチャージの部分にすればエアコンのガスは入り始めます。
入れすぎると大変ですので、2秒程度チャージに回し、すぐにcloseにする。
エアコンがまだ冷えないようだったら、2秒程度チャージに回し、すぐにcloseにする。
この作業を繰り返します。
どのくらい入れれば適正な量になるかがわかるのであれば、一気に入れることも可能ですが、最初にも書きましたが、エアコンのガスの量はどのくらいへっているかは正確にはわかりません。
ですので、めんどくさいですが、「ちょっと入れて、冷えるか確認」そんな作業を繰り返さないといけないことになります。

エアコンのガスが少ないサイン

【追加でガスを入れる】冷えない(効かない)エアコンのガス補充の方法
エアコンのガスが少ないサインは、エアコンから冷たい風が出ない以外にも、上の画像のように、室外機の銅管が霜で固まるという現象でもわかる場合があります。ですので、エアコンのガスを入れていくと、銅管に霜がつかなくなる、そんな状態になる場合もありますので、そこを目安にしてガスを入れていくのもよいかもしれません。
上の画像は極端に霜がついてしまっていますが、エアコンのガスが少なくなっていると、銅管やバルブの周りが霜で固まる場合が多いです。
エアコンのガスが適正な量になっていくと、霜がとけていきます。

最後に

最初にも書きましたが、エアコンのガスのつぎたしは基本やってはいけない作業です。
あまりお勧めはできませんが、とりあえず一夏冷えてくれればいいとか、もう古いから修理はしたくない。
だけどやっぱりとりあえず冷えてほしい。
そんな特別な理由がないかぎりやらない方がいいです。

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です