動画編集フリーソフト「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法

今回は動画編集フリーソフト「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法です。
「AviUtl」を持っていない方、持っていても「拡張編集プラグイン」を入れていない方は下記の記事を参考にしてください。

「avi utl」をインストールしていても、動画に文字を入れるには「拡張編集プラグイン」を導入していないとできません。
動画編集フリーソフト「AviUtl」を使用して、動画にぼかしを入れる方法

動画を開く

「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法
まずは「Aviutl」を起動して、ファイル→開くで文字を入れたい動画を選択して、開きます。

拡張編集を有効にする

「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法
開いたら、「設定」→「拡張編集の設定」こちらにチェックをいれます。

※「拡張編集プラグイン」を導入していない場合は、「拡張編集の設定」がメニューに表示されません。「拡張編集プラグイン」を入れていない方は下記の記事を参考にして導入してください。
動画編集フリーソフト「AviUtl」を使用して、動画にぼかしを入れる方法

「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法
拡張編集の設定にチェックを入れると上記のようなゲージがでてきます。

メディアオブジェクトの追加

「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法
ゲージ上部にあるのが、開いた動画の再生位置を表す時間になります。「レイヤー1」「レイヤー2」「レイヤー3」とあるのは複数のテキストや音声など重ねたい時に使用します。

ゲージの文字を入れたい再生時間の部分の「レイヤー1の行で」右クリックし、メディアオブジェクトの追加→テキストを選択します。
後から再生位置はずらすことができますので、だいたいの位置でOKです。

実際に入れる文字の設定

「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法
1.テキストが入る位置になります。ドラックしてゲージを移動することにより、文字の入る位置や、時間の調整ができます。

2.文字のサイズの調整ができます。

3.動画に入れる文字を入力する部分です。

4.文字の書体を選ぶことができます。

それでは実際に「HDR-CX535テスト撮影動画」と「4」の部分に入れてみます。

文字の調整

「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法
1.文字を入力後、左上に移動しました。ちなみに影をつけています。

2.レイヤー2にいれた文字です。ドラックすると移動することができます。

3.レイヤー2の位置は動画開始後10秒後ぐらいに入れるようにしました。

「4」の部分に入力した後、「レイヤー2」に別の文字を入れてみました。その位置までくると文字が両方再生されるようになります。

編集した動画の保存

「AviUtl」を使用して、動画に文字を入れる方法
編集が終わったら最後に保存します。保存の方法は拡張子をaviで保存したい場合は「ファイル→avi出力」でwavで保存したい場合は「ファイル→wavで出力」を選択します。

実際に編集した動画はこちら

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク