YouTubeにアップロードする動画の編集 「カット」が簡単にできる フリーソフト「AviUtl」

こんにちはAKIRA(@harusukisuki200)です。

今回は動画の編集が簡単にできる、フリーソフト 「AviUtl」を紹介します。

ダウンロード

AviUtl

下記のリンク先からダウンロードできます。2014年6月現在の最新バージョンは「version1.00」です。
AviUtlのお部屋

DirectShow File Reader

DirectShow File Readerとは「AviUtl」を使用する時に必要になるプラグインです。「AviUtl」を使用する際に必ず必要になりますのでこちらもダウンロードします。

DirectShow File Readerダウンロード先

プラグイン「DirectShow File Reader」についてはダウンロードして、解凍すると「ds_input.aui」というファイルができますので「AviUtl.exe」があるファイルと同じフォルダに「ds_input.aui」をコピーすることで「AviUtl」が使用できるようになります。

AviUtlの使用方法

YouTubeにアップロードする動画の編集 「カット」が簡単にできる フリーソフト「AviUtl」
YouTubeにアップロードする動画の編集 「カット」が簡単にできる フリーソフト「AviUtl」

まずaviutl.exeファイルを実行し、メニューバーにある「ファイル→開く」を選択して編集したいファイルを開きます。
拡張子によっては、対応していないファイル形式がありますので、その場合は動画のファイル形式を変換する必要があります。

ファイル形式変換方法はこちら

※「動画の画像ファイル小さくして、YouTubeのアップロード時間を短縮する方法」で使用しているフリーソフトを使えば簡単にファイル形式の変換ができます。 

選択範囲を決める

YouTubeにアップロードする動画の編集 「カット」が簡単にできる フリーソフト「AviUtl」
まず下のスクロールバーで動画のカットしたいスタート位置を決めます。次に「2」の←矢印ボタンをクリックします。その後に終了位置をきめ、今度は→矢印ボタンをクリックします

選択範囲をが決定

YouTubeにアップロードする動画の編集 「カット」が簡単にできる フリーソフト「AviUtl」
選択範囲が決まりました!!

選択範囲をカット

YouTubeにアップロードする動画の編集 「カット」が簡単にできる フリーソフト「AviUtl」
次にメニューバーの「編集」→「選択範囲のフレーム削除」で先ほど選択した範囲の動画をカットすることができます。

カットした動画を保存

YouTubeにアップロードする動画の編集 「カット」が簡単にできる フリーソフト「AviUtl」
カットした動画を保存したい場合は、「ファイル」→「AVI出力」でavi形式の動画ファイルとして保存することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です