4K液晶テレビの解像度と名前の由来

こんにちはAKIRA(@harusukisuki200)です。

今回は4Kテレビの解像度と名前の由来を紹介します。

4Kテレビと呼ばれるわけ

簡単に説明すると縦×横の画素数が4000×2000前後のもののことを言うみたいです。

Kの由来は、キロは1000だから!!
そんな理由です。

地デジの解像度を超えているのに4Kは意味があるのか

フルハイビジョンの4倍の画素数を誇る4Kテレビですが、そもそも現在地上波デジタル放送は1440×1080画素で放送されています。4Kテレビよりも解像度の低い地デジやブルーレイの映像を観ても、意味はあるのだろうか?という疑問がわいてきます。

そこで注目すべきは超解像技術。超解像度技術というのは、解像度が低い映像に対して処理を行うことにより、映像の解像度を向上させる技術のこと。

これによって、地デジやブルーレイなどの映像は、フルハイビジョンのテレビで見るよりも、高精細で美しい映像を楽しむことができるのです。
引用 エンジョイマガジン

解像度は超えていても、画質はいいみたいですね。当たり前か・・・

最後に

価格はだいぶ安くなってきて10万円前後で買えるようですね

出た当初は30万以上して、絶対かえねーって思ってましたが、手が出せる値段になってきました。

買い換えるなら今かもしれませんよ。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。
4KテレビをAmazonで探してみる

The following two tabs change content below.
AKIRA

AKIRA

上尾市在住の、リサイクルショップで働くサラリーマン。 Twitter・Facebookやってます。 小心者なので、誰か声かけてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です